Atsuko Fritz- Acupuncture & Kampo | Chiswick, London

🌸

Follow Healing Sequence!

鍼灸


鍼灸はどんな病気や不調にも効果的ですか?

鍼灸がどんな病気も治すとは決して言えませんが、

身体と心のバランの崩れを調節して自己治癒力

(自然治癒力)を高めて、病気、不調、ケガが治り

やすい状態を作っていきます。病気や不調によっては、

鍼灸は西洋医学の治療の補完治療又は代替治療として

うまくご利用いただけます。

また、鍼灸治療は自律神経を調整する効果があり、独特のリラックス感と元気をもたらします。
 
一般的に、鍼灸は腰痛を始めとするどこかの痛みには効果的と思われているようです。しかし、その他多くの不調や病気にも効果があります。WHO (世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気をここでご覧頂けます。


鍼は痛いですか?

使用する鍼は髪の毛の太さほどで繊細かつしなやかなものなので、予防接種等の注射鍼とは全く違います。施術箇所によっては完全無痛にならない場合もありますが、痛みは最小限と言えます。

また鍼治療では痛みとは違う独特の「ひびき」という気の反応を呼びそれを感じてもらう手技を使う事があります。このひびきは、「何かが流れている」とか「だる重い」等うまく表現しにくい感覚で痛みと捉えられがちですが、身体の痛みや筋肉のこりの軽減、血液循環の促進に効果がある手技の一種です。しかし、「ひびき」が苦手な方はひびきを出さない治療をしますので遠慮なく我慢せずにその旨をお話しください。


鍼灸治療は安全ですか?

完全消毒済み使い捨て鍼のみを使用します。規定の訓練を受け正式な資格を有した治療家による正しい治療は、身体に無理をかけず副作用もない基本的には非常に安全な治療です。また、お灸や吸角等、初めての療法を提案する場合には、その療法をご説明し了解を得た上で施術に入ります。

お灸は気の補強や免疫力を高める等特に日本ではその効果のほどが科学的に研究され続けています。腰痛、生理痛、疲れ、子宝鍼灸などに使い、心地よい温かさはリラックス効果をさらに高めます。


何回くらい通わなくてはなりませんか?

治療の回数や頻度は、病気や不調の発症後間もないか長期化しているか、症状の程度、年齢、体質、全体的な健康状態によって様々です。基本的には発症後間もない方が回復しやすいと言えますが、慢性化した場合でも、地道な治療で症状の改善緩和が期待できると思います。

健康維持のケアー(予防)や美容を目的とする場合、治療頻度は少なめ(美容鍼はコース終了後)でも継続的に治療に通われる方も少なくありません。また、マタニティケアーで妊娠前後、妊娠中に焦点を当てる場合は、必要に応じて不定期的な治療ペースになる場合もあります。

お一人ごと無理のかからないようご相談の上、治療頻度や回数を提案させていただきます。

Contact


Atsuko Fritz

Acupuncturist|Kampo Herbalist

  ​📞 07931 794 952   📧